六月 初旬 聴いた音楽

小林武史さんのピアノ弾いている姿にかっこいいなーっと感心し、最近「小林武史サウンド」にかなり毒されている毎日を送っております。皆さんも浸りましょう。

あと、gyoson(トーマ)まだかよって思う毎日です。 復活するし、盛り上げの意味も込みで

 

sai96i.hateblo.jp

 こういう記事書いたのに、こうも間が空くと、(´;ω;`)って気持ちになります。まぁいずれは、書きたかった内容ではあるので、そこまで気にすることでもないですが。

・Syndicate   作曲:Isaac Slade(the fray)

Syndicate

Syndicate

  • ザ・フレイ
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 ryoさん経由で知ったアーティスト。ピアノの音がとてもつもなく気持ちが良い。

尊敬するアーティストが、好きな/影響を受けた アーティストってすごく大事にする性格なんですけど、やっぱりいい音楽を作る人は、しっかりと、良いものを吸収しているのだなって思います。

モンタージュガール 作曲:wowaka(ヒトリエ)

イコライザで、ベースラインを強めに設定して聞くと、イガラシさんの技巧が唸っていて、かなり聴いてしまいました。いつか、このくらい弾けるようになりたいなっと思える指標がまたひとつできたっという感じです。

モンタージュガール

モンタージュガール

  • provided courtesy of iTunes

 ・innocent World 作曲:桜井和寿(mr.children) 編曲:小林武史

innocent world

innocent world

  • provided courtesy of iTunes

 

ミスチル四大楽曲の一つ(あとの三つは、名もなき詩

名もなき詩

名もなき詩

  • provided courtesy of iTunes

 

終わりなき旅

終わりなき旅

終わりなき旅

  • provided courtesy of iTunes

 

tomorrow never knows

Tomorrow never knows

Tomorrow never knows

  • provided courtesy of iTunes

 

個人的に他三曲に比べてもあまり、好きとはいえない。何度もなんどもをリピートすることにより、この曲の良さが見つけられた。

tomorrow never knowsで言うならば、最後一音転調してるけど、激しいメロディーちょっと、味がついた感じで終わると言う、楽曲的味がある。

今回いい意味で良さを発見できたInnocent worldは、アウトローに行くとコードがマイナーになっている。「果てしなく続くー、、」あたりで、イントロをアウトローに持ってきて、尚且つ泣きのコードを使っている。このアウトローを聴きたいがために、この曲を通して聴く人もいるのかなって思った。前向きだけど切ないみたいな音楽という点で、「Aとはお別れだけど僕は行くよ」的なテーマに対してはマイナーは有効である。ということなんだろう。

・エミール/ショップ 作曲:高橋邦幸(monaca)/石濱翔(monaca)

エミール/ショップ

エミール/ショップ

  • provided courtesy of iTunes

 門脇舞以が歌ってるってだけで面白いのに、あえて音痴なのもこの楽曲の魅力なんだろう。門脇舞以さんというと、大体の人が「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」を思い浮かべるだろう。だからこそ、エミールというキャラを演じてること自体が面白く感じられる。ちょくちょく入る台詞がいい味を出している。

星が瞬くこんな夜に 作曲:ryo(supercell)

星が瞬くこんな夜に

星が瞬くこんな夜に

  • provided courtesy of iTunes

 2m25s-2m26sのサビ前で、実はピアノをバックで味付けをしている。このあざとさ。流石。音に凝ってる作曲家は、何度聴いても新しい発見があるのでいいですよね。

堀江さんが影響を受けたという点で、この楽曲は結構当てはまるのではないかと7年くらい前からずっと思ってる。

LIAR GAME(メインテーマ) 作曲:中田ヤスタカ

LIAR GAME

LIAR GAME

  • provided courtesy of iTunes

 ドラマ版でライアーゲームを毎週見るくらいハマった一因は間違いなくこのテーマソングがあったからというのには疑う余地なし。何度聴いてもかっこいいし、聴き飽きない。大好きな一曲。

・飛べない翼 作曲:小林武史

飛べない翼

飛べない翼

  • provided courtesy of iTunes

 

 某芸人と、某女優が結婚したということで、某女優の初主演と言われている、岩井俊二監督作品「リリイ・シュシュのすべて」の、音楽アルバム「呼吸より」この一曲を聴き直していました。イントロから、小林武史さんっぽい楽曲らしさが出ていて最強です。

・Imagine (Take 1) 作曲:John Lennon(The beatles)

世界的に有名な曲。take1版がかなり好きで、ここ最近聴いてます。やはりいい音楽を作りますね。

 

Imagine

Imagine

  • ザ・フラックス・フィドラーズ
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 も好きなんですけど、結局take1に戻ってしまう。一発目に録った音源(おそらく)だからでしょうか。Imagine (Take 10 / Raw Studio Mix)も、音でいえば結構好きなですけどね。motherとか、Isolationとかも以前はよく聴いていましたね。音楽好きなら、John Lennon/Plastic Ono Bandというアルバムは、聴いて損は絶対しませんし、むしろ必聴アルバムなので、聴いてみてください。

 ・シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~ 作曲:桜井和寿(mr.children) 編曲:小林武史

ミスチル楽曲の傑作の一つだとも言えるし、邦楽の傑作とも言える。そのくらいこの楽曲は曲として完璧だなっと思う。明るい曲だし、所々になるストリングスの音の味付けもいいし、一音上げて、曲に奥行きを出しているのもいいし、サビとは打って変わって、間奏では少し哀愁漂うメロディを入れてきて、その後に再び、盛り上がっていく構造は本当に完璧としかいえない。3m30sあたりのベースで仕切り直すのも素晴らしいし。何が言いたいかというと、櫻井さんと、小林さんの組み合わせが凹凸の組み合わせのにぴったりと重なったとしか思えない。過去にも

 

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

  • provided courtesy of iTunes

 

sai96i.hateblo.jp

 

 

sai96i.hateblo.jp

 で取り上げているのを見ると、やっぱり自分の中で、不動の名曲認定をしているのだなと、我ながら感じた。

・to U (Piano Version)  作曲:小林武史

to U

to U

  • provided courtesy of iTunes

 やっぱり、小林武史なんだよなーって思える一曲。ただ、一個「は?」っと思える箇所があり、2m27-27.5sあたりに、ヴァイオリンの音が入っている。この点だけはどうしても許せませんね。なぜこのままokになったのかが不思議です。普通に聴いているだけでは分からないとでも思ったのでしょうか。

良いところでいうと、ピアノ、ホルン、ヴァイオリンなどで奏でられているところ。原曲の良さに壮大さを足して、よりどデカイ楽曲に変化しているのがとても好き。

・reflection eternal 原曲:i miss you 作曲:巨勢典子

           サンプリング:nujabes(トラックメイカー)

reflection eternal

reflection eternal

  • Nujabes
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

原曲の

I Miss You

I Miss You

  • 巨勢 典子
  • ワールド
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 は

この道の向こうに

この道の向こうに

  • 巨勢 典子
  • ワールド
  • ¥1500

 

というアルバムに原曲は収録されています。これを基に、というより、主に前半部を中心に、nujabesさんがサンプリングしたんだなと感じます。原曲とはしっかりと差別化できており、どちらも聴いていて、ワールドな新鮮な気持ちなります。原曲は途中からヴァイオリンが入るのですが、それもあって、ff8のリノア とスコールが抱き合ってる時の風景的な気持ちになります。nujabesさんのサンプリングした上での楽曲は、cmのワンシーンにとても合いそうな感じ(実際に菅野よう子さんが、ntt docomoのcmでこれを参考にしたと思われる曲を提供しているくらいだし)。ふわっと包み込むような音で構成されている。

・Intron(inst) 作曲:kemu  

Intron(inst)

Intron(inst)

  • kemu
  • アニメ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

歌ものもメチャメチャかっこいいのに、イントロでも魅せてくる楽曲を作れるkemuさんすごい。歌もの作曲がとても上手な人でも、inst楽曲になると、途端にダメになる人って結構いると感じます。実例を出すとryoさんとかまさにそんな感じ。ブレセカで劇伴を担当していたことがあるのですが、前作のrevoが作り上げた劇伴が良すぎるというのもあることにはあるのですが、いまいちピンとくる曲がないですよね。歌モノでならめちゃくちゃ名曲を量産しているのに。悲しいといえば悲しいです。deemo rebornで主題歌と劇伴を作曲されるといニュースを見て、とても期待しています。が、今年の春発売と言われていたのに、一向にゲームそのもののアナウンスがないまま6月に入っているというこの状況、早く脱して欲しいです。