zigaexperientiaというアルバムについて

自分が音楽総合ジャンル的に見ても上位にくる作曲家であり、敬愛してやまないryo(supercell)さんが作った3rdアルバムタイトルなんですけれど、このアルバム正直あまり好きではなかったんです。

これは共感する人が多いと思いますが、spclはボーカルだけはゲスト制を取り入れており、前回に「やなぎなぎ」というシンガーとryo(supercell) さんという作曲家のマッチ度と言いますか、歯車がこれ以上にないほどにあっていたこと。それに加え、3rdのゲストボーカル:こゑださんは歌い方が癖があるから故に、あまり一般的に受け入られる声ではないということも重なり、聴いていて違和感を感じたは人は多いと思います。しかしさすがryo(supercell) さんというか、しっかりとvo.に適した雰囲気の曲を隅から隅まで作られており、俗にいう「スルメ曲」と言ったものが多い。

今までvo.などの事情も含め、アルバム自体をあまり聴くことがなかったのが嘘のことのように聴くようになりました。同じようなことでこのzigaexperientiaを聴く人をためらっている人は是非何回も聴いてください。聴いた回数だけいいアルバムになっていくと思います。

あと、小林武史さんフォロワーという点で「旅路」という言葉を、終わりなき旅で、使ったことが本当に「ああ、ryo(supercell)さんもミスチルそして、小林武史サウンドに魅せられた一人なんだな」っていうことが伝わってきてとても感動しました。