ロキノン音楽

自分自身そこまでの造詣はありませんがつい最近「bumpの藤原.radの野田.ゲスの極み乙女の川谷.セカオワfukase.米津玄師」誰が一番の才覚の持ち主かという話を友人達が会話の議題におり、面白そうだったので今回のネタにしました。自分の結論は、藤原基央野田洋次郎川谷絵音=米津玄師>fukaseという感じなりました。藤原基央が一番というのは、おそらく多いと思います。同業者からの評価や、影響を考えると圧倒的です。次点で野田洋次郎、bumpフォロワー的バンドという括りなら一番成功しているバンドです。考えさせられる歌詞(中高生だから思うようなこと)で多くの中高生を熱狂させ、ある意味一つのスタイルを生み出したのはすごいです。近年某アニメーションの主題歌に抜擢をされ、知名度はより増幅しました。
この記事を読んでいる人たちが一番気になってるのは 、「川谷絵音=米津玄師」だと思います。があまりにも下書きが長くなってしまったので、いずれ個別に書きます。
最後にfukaseがあるのはセカオワが流行っていた時に数曲聞いてみたものの、あまり魅力が感じられず、金爆をロキノン音楽にして、メンバーを和風v系にしたぐらいの感想しか持たなかったからです。
五輪のサザンカもあまり革新的なものはなかったのでペケにおきました。