今更ながら、dioramaを聴き直してみた。

やっぱり1stが一番いい。

なんというか、1st,2ndが至高っていうと毎度「古参アピール乙です」「懐古厨は黙ってろ」なんて言われるんですが、そういう人たちにどの曲が好きかというと、アイネクライネみたいな明るい曲が好きっていう人が多いんですよね。結局そういう人たちは根本からハチ楽曲の魅力である不協和音っぽさが強い曲調が合わないんだなと思いました。もちろん最近でもハチ要素っぽい楽曲はありますが、やはり以前に比べると薄いなと。
どのアルバムが至高なんて人それぞれなので、意見が割れるのは仕方ないんですけれど、「今の楽曲を認めないのは許さない」などと言うのは勘弁して欲しいです(特に狂信者)。そう言う言い分は歌い手厨の妄言だけで十分なので。