12月 下旬 聴いた音楽・19年を振り返って

まふまふ 楽曲選挙の集計をしてるだけ大晦日の大半を過ごしてしまった .

19年の振り返りも書くので超短いです。

・ryo(supercell) - 雨、キミを連れて

同じようなことを結構かいてますが、とにかくsupercellのegoist版っていう感じがして

とても特別な楽曲です。chellyの声質がsupercell的な視点で見れる点でとても貴重です。

 

雨、キミを連れて

雨、キミを連れて

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

堀江晶太(penguin research)-敗者復活戦自由形

とにかくかっこいい。mvの堀江晶太もかっこいい、、

 

敗者復活戦自由形

敗者復活戦自由形

  • provided courtesy of iTunes

 

・wowaka-sleepwalk

この手の曲がwowakaの得意分野なのかもしれない。いわばローリンのような耳に残りやすいピアノラインで攻めるという方法が、ナンバガ系譜のガンガン攻めるよりも、落ち着きさがでているほうがっと最近思うようになりました。

SLEEPWALK

SLEEPWALK

  • provided courtesy of iTunes

 

・まふまふ-ベルセルク

個人的にまふまふ 楽曲の中でも最高傑作。これ以上のまふまふ曲は未だにないと思う。

ベルセルク

ベルセルク

  • provided courtesy of iTunes

 

・yuga-めぐる

ピアノとr&bっぽい歌い方とサンプリングで使われるような手法の楽曲です。

知って浅いですが結構いいのでオススメです。

めぐる

めぐる

  • 優河
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

はい、ということで19年振り返りをしたいと思います。

多分こっちのほうが気になってる人多いだろうし

いつもと違ってゆったりな雰囲気で書きます。

 

sai96i.hateblo.jp

 これからもう一年ですね。はやいもんです。

概要

来年の今頃はもっと色々安定してるといいなー(´・ω・`)

今年はryo(supercell)さんの新曲だったり、堀江さんの「進化」といった年を垣間見れた

とても楽しい一年でしたね。トーマ=gyosonもちょくちょく動き出したりしていて高揚感は未だに

あります。 

 

ブログとして一番大きい変動はlivedoorからはてなになったことですかね

一年かけて3000しか稼げなかったのに、はてなにしてから八ヶ月で28000も伸びるとはさすがに思いませんでしたよ。来年の今頃は10万くらいを目標して運営していこうと思います。

 

当ブログの人気記事はこちらです。

 

sai96i.hateblo.jp

 

 

sai96i.hateblo.jp

sai96i.hateblo.jp

sai96i.hateblo.jp

 

 

sai96i.hateblo.jp

sai96i.hateblo.jp

 

 

sai96i.hateblo.jp

sai96i.hateblo.jp

 メジャーなアニソン作家から、おそらくは公開初日しか、見られないであろう洋楽音楽や、マイナージャンルのアーティストについて、色々書いてきましたが、結局メジャーなアーティストの記事が伸びてしまい、分量的にも多くなっていることから、まだまだ自分も研究が足りないなと、思わされ、それらをもっとしっかり、書けるように、来年は、いろんな記事を届けられたらいいなと。

っと、こんなことを偉そうに去年の今書いてましたが、一向に守れなかったっというのが心残りです。

 

(来年は今年以上に更新頻度が減る可能性があるので達成はかなり難しいですが)

大作記事を3、4つほど用意しており、全部だせれば10万いけるかなー程度なので

まふまふ速報も、着々とアクセスを伸ばしつい最近本ブログの総アクセスを超えました。

まぁ運営している側なので喜ばしいことですが。一年を振り返ろうとしても中々思い出せないもんですね。今年印象にのこったことといえば京アニ放火やノートルダム放火などがありますが

本ブログに沿っていうのならばwowakaさんの死ですかね。本当に悲しいです。

進行形で傷を引きずってます。あれだけオルタナのジャンルの幅を広げ、尚且つアンノウン・マザーグースのような邦楽的なサビがないのに盛り上がれる曲を作れるその才覚は誰にも引き継げません。

ryo(supercell)がsupercellとして曲を作って、それをリリースしたという事実嬉しいニュース

としては一番です。来年というかあと数時間後に始まる2020年に4th albumがでればな〜という感じで待機しています。他に来年期待する音楽事象はgyosonさんがアルバムを出すことですかね。他はないと言ったら嘘になりますが 「これが楽しみだぜ !!」みたいなことは特似ないですねー。

今年はツイッターで知り合った新規ユーザーも多々いて、とても勉強になりました。

全フォロワーさんへ。来年も色々よろしくお願い申し上げます。

 

思いつきで書いているので全然文章としてなってませんが、そろそろカイトも終わるので

本ブログも終わろうと思います。

2019年 当サイトを読んでくれた方 ありがとうございました。そしてこれからも読んでいただいたら光栄というか幸いです。

それでは 良いお年を。