12月 中旬 聴いた音楽

作曲:FINNEAS & Billie Eilish  曲名:i love you

強烈な象嵌を描いたような一曲.アーティスト「ビリーアイリッシュ」がなぜ話題沸騰であるのかという一面がこの曲で末端レベルながらも感じ取ることができた。

共作をしている兄とのコーラスが綺麗に絡み合いが曲の明るくも少し暗さを思わされるのが素敵。1m10s-あたりから1m50sあたりでガラッた感じが入りそして、また2m20sで元に戻るという組み合わせが絶妙。そしてこの曲で一番奇抜だと感じたところが04m05sに一瞬だけ入る(しかも響きなし)という場面。普通ならその後の04m17sの入れ方のほうが自然であるのに、そうしないところに驚きました。どこをとっても文句なしの曲でした。

i love you

i love you

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:ティアゴ・イオルク  曲名:It's Not Time

イントロのギターの音がすごく好み。そして歌ってるイオルクも耳に透き通るような声をしているので自然と耳に一種の開放的な快感がする。2m37sからの上がりかたはこれでもかっというほどに爽快でポップさが垣間見れます。the ポップ・ロックみたいな感じがしてて好きです.

It's Not Time

It's Not Time

  • ティアゴ・イオルク
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:David Cook & Kevin Griffin  曲名:Avalanche

声が美しくもちょっと擦れ気味なところがすごく独特でいい。曲もひたすら明るく聴いていて

ひたすらに勇気をもらえる曲(アルマゲドンの主題歌I Don't Want To Miss A Thingのサビ的な)

それでいてアウトローがちょっと変わっているのもポイントが高い。 

Avalanche

Avalanche

  • デヴィッド・クック
  • ポップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:まふまふ 曲名:戯曲とデフォルメ都市

ベルセルクの次に好きなまふまふ楽曲.作成された年代的にトーマさんに影響が強い。

サビの早口の展開が怒涛でカロリーの高いものが一気に耳に入ってくる感じが好き。

後サビ前のメロディは今のまふまふにも通ずる節があると思う。二番で低音から攻めることができるのも、高低音どちらの口もいけるまふまふだからこそ。

戯曲とデフォルメ都市

戯曲とデフォルメ都市

  • そらいろまふらー, そらる & まふまふ
  • アニメ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:Karen Marie Garrett 曲名:Welcome B

ニューエイジとかいうジャンルってなんだよ(環境音楽の別称)っと思い馳せつつ聴いてみたらまあいい。ジャンル:ワールドに通ずるの荘厳な感じがする。ほぼピアノソロアルバムみたいな感じになっていなくもないが。これならショパンノクターンやサティのジムノペディのほうがゆっくりできるじゃん(というか同じアルバムにグノシェンヌカバーがある時点で影響を受けてるのは町がない)彼らの音楽のほうがむしろ作業に向いているという点で環境音楽の魁みたいなものという結論で落ち着きました。クラシックピアノ音楽を薄めた感じです。薄めたなりの良さはあります。

 

 

で、色々このアルバムについて調べた結果ウィルアッカーマンプロデュースとのこと。

じゃあサティのカバーも納得。あと個人的にうぉーって思ったのが

George Lucas’ Skywalker Sound Studios

で収録したっていう。↑のスタジオは映画の効果音とかを収録する場において最高級のスタジオ

日本アニメでもごく一部の作品の効果音とかここで収録されています。

とにかく音がいいのこのスタジオで収録しているからです。

 

でもサティのカバーは個人的に好きではない(特にno1)。理由は早すぎるから

サティの音楽は遅めでやるからこそ味が出ると感じている私からすればこのカバーは、、、っという感じです。

Welcome B

Welcome B

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:米津玄師 曲名:loser

こんな曲作っておいてlemon作れるのが米津氏の強さだなーっと思う。

陰陽どちらからも支持があるのはターゲット層に適したものが作れるからというのが一因だと思います。(秋元康セーラー服を脱がさないで川の流れのようにの作詞をしたようなバリエーションがある)

作曲:kemu・じん 曲名:ミリオン/ワンズ

この二人が紡ぎ出す音楽を前にしたらかっこいい音楽を作らせたら右に出るボカロpはいない

初音ミクの特別ソングの一つということもあり

思入れというのが歌詞に現れているのもいい

アウトローの混在感も刺激的です

ミリオン/ワンズ

ミリオン/ワンズ