11月下旬 聴いた音楽

12月 早い。

 

 

作曲-ryo(supercell)  曲名-odds&ends

サビ前のピアノが大好き。ミク曲の中では最高傑作クラス。12年のryo(supercell)さんだったからこそ書けたというより、初音ミクというガラクタに生命を与えたryo(supercell)さんだから書けるそんな特別な曲。

ODDS & ENDS(feat.初音ミク)

ODDS & ENDS(feat.初音ミク)

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲-出口遼  編曲-堀江晶太  曲名-カゴメ

こういうピアノの使い方大好き。具体的なことはともかく、まふまふがアンチクロックでやったというより150pがやった某曲の延長にあるとしたらとても嬉しい。主張が激しくも緩急のついた魅せ方ははさすがだなと思います。編曲だけでの担当だからこそ目立つものが多いと感じました。

かごめ

かごめ

  • Kotone
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

作曲-hzettrio 曲名-レソラ

最初のフレーズだけで「hzettrioのあなたたちですね」っと心の中で思ってしまうほど

ここのジャズトリオは魅力的でありかっこいいから困る。ライブで聴いてみたい。

レソラ

レソラ

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲-Henning Kraggerud   曲名-4 Morceaux, Op. 43: No. 3. Prelude

ピアノとヴァイオリンのコンビより情緒的で美しいもの組み合わせはあるのか

切ないメロディとピアノの流れる川のようなバックが兼ね合い調和していく様がとてもいい

風景が頭に浮かぶタイプの楽曲です。

4 Morceaux, Op. 43: No. 3. Prelude

4 Morceaux, Op. 43: No. 3. Prelude

  • Henning Kraggerud
  • クラシック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

作曲-TK    曲名-laser beamer

うるさい感じがたまらない。TKはナンバガが生んだ二人の怪物の一人ですね。

高音と技巧ギターのテクの絡み合いが時雨の強みだと個人的に感じています。

あと後半から一気に展開を変えて攻めていくのもすごく好き。そこでの345のコーラスがまた味を出す。 

laser beamer

laser beamer

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲-Matt Cutler 曲名-begin to begin

ダウンテンポとかいうジャンル。ワールド並にBGM要素があってすこです。好きな人はハマるジャンルだと思います。

Begin To Begin

Begin To Begin

  • Lone
  • エレクトロニック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes

 

作曲-ジャック・ペニャーテ 曲名-Cipralex

ぴょおおおお

Cipralex

Cipralex

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲-松谷卓 曲名-Inscrutable Battle

今は亡き番組「劇的ビフォーアフター」で有名になった本楽曲。

とにかくメロディが優秀。マトリックスの劇伴的なかっこよさとエレクトロを融合したような曲。

私が知ったきっかけは まらしぃ・事務員Gとその他優秀なミュージシャンがカバーをしたこちらの動画

www.youtube.com

からなので、正直な話をすると、本家を聴いた時物足りなさはありました。

それほど強烈なカバーなのである意味閲覧注意。

ただ、やはり本家ありきなので、そう考えると松谷さんってすごいなって思います。

Inscrutable Battle

Inscrutable Battle

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲-kemu 曲名-地球最後の告白を

やっぱり大好きなんですよね。kemu楽曲の最高傑作の一つだと思います。

BRSをなぞっているだけという範疇では収まらない個性と言うものがにじみ出ています。

地球最後の告白を (feat. GUMI)

地球最後の告白を (feat. GUMI)

  • kemu feat.GUMI
  • アニメ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes