11月 中旬 聴いた音楽

最近物騒な事件や有名人の失態が多いですね(´・ω・`)。rinoです。

 

 

作曲:ビリー・アイリッシュ   曲名:everything i wanted

ジャンルでいうとワールド的な楽曲ですがなぜ分類がオルタっていう。

どちらかというとラップ系EDM的要素が強い気がしますね。

 ビリーアイリッシュがリリースする楽曲はここ最近ハズレがないので

リリースがとても楽しみのアーティストになりました。

ローテンポでなおかつ穏やかな曲なので歌物ですが、作業用BGMにできる珍しいタイプの楽曲です。声も少し癖がある感じがたまらないです。

後半ハモる展開がなんともいえない感じがでている。

everything i wanted

everything i wanted

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:Rodarius Green 曲名:Sky Priority

とにかく声が好きです。曲よりも声が好きという例はあまりないです。

最初のんんん〜んで良曲であると感じる事ができると思います。

バックの曲を支えるベースになっている音も心揺さぶるようなメロディばかりで

ラップはここ最近 ある程度のお約束というか曲の大まかな感じがわかってきたので

今後も色々調べていきたいと思います。声が綺麗である点と、言語が外国語であるがゆえにラップの良さに目覚めたというと、中学生男子が洋楽を聴き始めた頃のようなニュアンスがありますが、、、

とにかくいい曲であることに間違えはないので是非聞いてください。

Sky Priority

Sky Priority

  • Rod Wave
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:Beatzarre     曲名:Tilidin

ヴァイオリンから始まるヒップホップという点で満点。

その後もピアノと声の掛け合いをしつつヴァイオリンの要素もうまく出し続けているのがすごくうまい構成だなと思います。ヒップホップ特有のリズム刻みとヴァイオリンの華麗なる音が融合してきてすごく情緒的なサウンドが連発します。

Tilidin

Tilidin

  • Capital Bra & Samra
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:Toby Fox    曲名:Megalovania

某配信者から知った楽曲でここ最近はあまり聴いていなかったのですが改めて聴くと

ゲームOST(オリジナルサウンドトラック)としての要素が満遍に注ぎ込まれており

音の厚さもこれでもかというほどにボリューム満点でここ数年のゲームサウンドの中でも卓越した技術と才能が産んだ名曲だなと思いました。Toby Foxさんも今後が楽しみな作家にリスト入りしそうです。ギターの音で耳が興奮します。かなり好きな音作り。

Megalovania

Megalovania

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:Toby Fox    曲名:Death By Glamour

やばい

語彙力が失われるほどのイントロのかっこよさ。こういうサントラ作る人ってあまりいないと思いました。後ろからバットで殴られるレベルの衝撃を受けました。

リズム刻みながらピアノ主体で攻める変態。なによりその後に低音のピアノぐいぐい鳴らしていき、その後にエレクトロっぽく転換する自然さが抜群に上手いです。

そしてイントロからは想像もできないサビへといくわけですが、正直そこらへんまでいくと「ああ、いつものね( ^ω^)」ってなるのでとにかくイントロが強烈。

Death By Glamour

Death By Glamour

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:Toby Fox    曲名:Spear of Justice

あれ、これ遊戯王(熱き決闘者たち)に似てるっと思ったのは私だけではないはず

上記二つよりかは王道のゲームらしい音楽ですね。あと所々にtoby fox節が入っていて

いいなと感じましたが、インパクトはそれほどないです。

Spear of Justice

Spear of Justice

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:ryo(supercell)  曲名:#Love

一番好きな作家であるという事は本ブログの常連さんであれば説明することもないですね。

とにかくあらゆるツボを推してくる作曲をするので大好きです。メルトであれWIM,BRS 

my dearest 告白 departure 彼の人気楽曲は全てポップスとしても優秀であり、バラードとしてもSクラスのものを出してくる。当然#Loveでも新たな境地を開きましたが良曲以上のクオリティでした。デュオボーカルということもあり、今後spclの音源は時間かかると思いますが心待ちにしています。

#Love feat. Ann, gaku

#Love feat. Ann, gaku

  • provided courtesy of iTunes

 

作曲:アントニオ・ヴィヴァルディ 曲名:四季より 冬/第一楽章

ヴィヴァルディの四季のなかで最もカッコよく、おそらくみんなが大好きな一曲。

昔は裁判所をモチーフにしたCMなどでながれていましたね。

とにかくヴァイオリンが主役で滝のように悲壮感あふれるメロディとそこからの繋ぎが芸術的ですね。知らない人はいないと思いますが、改めて聴いてみると意外な発見があるかもしれません。

「四季」冬/第1楽章

「四季」冬/第1楽章

  • provided courtesy of iTunes