rinoブログ

音楽ブログ。

色々.3

gyoson(トーマさん)が何のアクションも起こさないので、少し (´・ω・`)って感じで落ち込んでいるます。レーベル競争とかそういうのだったらいいんですけどね。あと、supercell再始動にものすごく期待しています。ryoさんの本場はやはりsupercellですし。


 椎名林檎の1st,2nd album

 

 の、アルバム全体の曲のクオリティの高さに衝撃を抑えられない日々が続いています。というか、この時代のサポメンが凄い人達ばかりで、周りの環境がいいってこういうことなんだなとも思いました。1st albumからは

ここでキスして。

ここでキスして。

  • provided courtesy of iTunes

2nd albumからは

ギブス

ギブス

  • provided courtesy of iTunes

 1stからの選曲はともかく、2ndは間違いなくギブスですね。世間的というか、曲の知名度で言えば、

罪と罰

罪と罰

  • provided courtesy of iTunes

 だとは思いますが(多分)。このギブスは、編曲に携わった、亀田誠治さんも「自分の葬式のbgmに流してほしい」といった程のお気に入りな曲なので、必聴音楽(というか1st,2ndは全曲通して外れないのでアルバム全体を通して聴いてほしい)ですね。

ギプスを推すもう一つの理由として、ryo(supercell)さんがプロデュースをしている「EGOIST」の中で、作られた楽曲で

All Alone With You

All Alone With You

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 があるのですが、かなり「ギブス」色が強いです。当然、ryoさんはryoさんでしっかりとEGOISTらしさを組み込んだ楽曲に仕上げていて味がしっかりとあるのですが。それぞれを交互に聴いて楽しめたらいいかなって思います。

椎名林檎さんが、あそこまでアーティストとして輝けるのは、当然本人が凄いものを持っているといのは大前提にありますが、それを支えたメンバーも今から考えると、とんでもない有名人ばかりなので(hzettmさんとか)本当に恵まれているなと。

亀田誠治さんは、知ってる人の方が少ないと思うので、一応軽い紹介をしますと、東京事変で、ベーシストとして活躍していた。というのが、一般的。次いで、椎名林檎のバックアップサポート(編曲するとか)で有名。プロデュース方面では、そのほかにGLAY

/いきものがかり/平井堅などが有名。やはり売れていて、尚且つ評価の高い有名アーティストの裏には、ちゃんとしたアレンジャーがいるもんですね。ミスチル、サザンをプロデュースした小林武史さんの存在や、小室哲哉さん、つんくさんなどがそれを証明していると感じます。

私自身、亀田誠治さん自体は楽曲についての詮索で知ってはいたのですが某fesで、bank bandにも参加していた事実が本当に意外だった。bank bandは、小林武史さん経由で知ってはいたので、尚更。やはり調べるときは徹底して調べないと行けないなと学習しました。


部屋を掃除していたらcdの山が出てきたので、色々漁っていたら

 があったので聴き直したのですが、最高ですね。

 をはじめ、名曲が沢山あります。個人的に、

 とか結構好き。 ナンバーガールについては、いずれ単体で記事を組む予定ではいます。そのためのリサーチをしている最中なんですが、向井秀徳さんはやはり凄い方なんだなと改めて実感しました。


lisaがデビュー8周年を迎えた的なツイートを目にしたので、

oath sign

oath sign

  • LiSA
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

を聴き直した。(セレクト理由は、1stシングルだから、原点回帰と有名な曲という二点を抑えている)

当楽曲は、大人気コンテンツ「fate」のアニメfate/zeroの主題歌で使われた曲ですが本編にも劣らない楽曲のかっこよさがありますね。放映時が2011年というのを考えると、当時は魔法少女まどかマギカが放映された年でもあるので、そちらでも渡辺翔さんは

コネクト

コネクト

  • provided courtesy of iTunes

 を作曲し、一躍有名になりましたね。ちなみにfate/zeroまどマギの脚本も同じ虚淵玄さんです。

翌年の12年に、sao(ソードアートオンライン)

crossing field

crossing field

  • LiSA
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 を手掛けているのを見ると、本当すごい方だなと思います。fateときて、翌年にsaoですから、事務所は、このころから次期アニソン歌姫的なポジションを築きたかったのかなっとも思えます。単に新人の事務所推しで、掴んだ作品が大ヒットしただけなのかもしれませんが。

虚淵玄さんもpsycho-passで人気脚本家としての地位を確立しましたね。最近は見ないですが。psycho-passシリーズで一番人気の第1期、 まどマギの脚本を担当というこれ以上ないほど貢献しているので、まぁいいかなっと思います。まどマギなんかは何回見ても面白いですしね。(アニメゴジラ三部作も、酷評の嵐ですが私はあれはあれでありだと思っています)


どう締めればいいのかよく分からないですが、この記事通して何が言いたかったかっていうと、無罪モラトリアム勝訴ストリップは必聴アルバム。両方聴くのがめんどくさいなら「ギブス」だけでも聴いてください。ってことです。それではまた。

 

 

追記、、、色々2.を書いたつもりでいたんですけど、書かれてなかったです;;。なので、今後2を出します。 色々はシリーズにしようかと考えています。 色々ってなんやねんって思う方もいるかもれないので、簡易的な説明をすると、とんでもない名盤にあって、どうしても伝えたいことが突発的に出てしまったとか、そういう時に書く記事シリーズだと思ってください。これについては本当にいつ出すかは気分と感覚と、名盤に合う瞬間次第なので、不定期ですし、そこまでナンバリングは多くはならないはずです。