rinoブログ

音楽ブログ。

小林武史.プロデュース 作品ベスト10

国民的アーティストであるミスチルや、サザンの人気楽曲には彼が携わっていることが多く、他のアーティストの楽曲に関わっていることも多いです。理論武装(正しい使い方ではありませんが、響きがカッコよかったので)で、一代の邦楽界隈を統べた音作り、驚異的な作曲力(クラシックから音楽の世界に入り、洋楽からジャズなど幅色いジャンルを抑えている)、編曲能力により、産み出された楽曲を、数あるcdの中から10枚をあげます。

best10と題していますが、正直優劣はないです。あくまで、筆者が思う、おすすめ作品とでも思ってください。

※ 作曲のクレジットが、バンドのメインメンバーの名前などが基本ですが、それらのアーティストにも当然畏敬の念を払った上で、小林武史さんの良さを書いているので、そこだけ理解をお願いします。


1.salyu/terminal。 

もうこれはto Uが強すぎですね。こんなにも心優しいサウンドは中々ないです。

風に乗る船は、サビの持っていき方が少し特殊というか、変わった持っていき方で、昨今ではあまり使われていないので、そういう意味では、新鮮に感じられます。

to U (Salyu ver.)

to U (Salyu ver.)

  • provided courtesy of iTunes

 

TERMINAL - Salyu

to U (Bank Band with Salyu) - Bank Band with Salyu

風に乗る船 - Salyu


2Mr.Children/discovery

これは外せない。本アルバムは、小林武史さん自身が最高傑作と謳ったと言われる作品でもあり、 やはりクオリティは高い。様々な変化球で作られており、楽曲の幅の広さに驚く。

Discovery

Discovery

 

終わりなき旅

終わりなき旅

  • provided courtesy of iTunes

 

何と言っても、終わりなき旅の完成度は、歴代の邦楽全体的にみても、かなり上位だと個人的に認定しています。(邦楽をあまり聴かないryoさんが、なぜか僕らのあしあと - supercellでaメロをなぞっていた)

DISCOVERY - Mr.Children

ちなみに、ジャケットは、グラミー賞最多受賞のU2のアルバム「The Joshua Tree」を真似てます。 というか、ミスチルのアルバムは洋楽のジャケットや、芸術の絵から取っているものが大半な気がします。

f:id:sai96i:20190626210706j:plain


3.montage/yen town band

 

 

岩沢俊二監督作品、スワロウテイルの作中の音楽を、メジャーアルバムで出した時の作品。今でいうとEGOIST(ryoさんプロデュース)のような立ち位置のアーティストであり、週間一位を取るという意味で、当作品は、けいおんが出るまで(12年弱の間)、唯一無二の、「架空のアーティスト」という媒体でとった作品だった。

montage/yen town bandは、 全体的にダークな感じがありつつ、明るさを失わない程度に抑えているとでも言いましょう。 7-80年代の洋楽ロックバンドっぽさがどこかある。

これと↓

Swallowtail Butterfly~あいのうた~

Swallowtail Butterfly~あいのうた~

  • provided courtesy of iTunes

 個人的

上海ベイベ

上海ベイベ

  • provided courtesy of iTunes

 が好きです。


4. evergreen / My Little Lover

evergreen - My Little Lover

このアルバムは、ミスチルを売れっ子に仕上げていた最中に、プロデュースした作品であり、280万枚を売り上げるという驚異的なことを成し遂げた。

Hello,Again~昔からある場所~

Hello,Again~昔からある場所~

  • provided courtesy of iTunes

 

 

Man&Woman

Man&Woman

  • provided courtesy of iTunes

 

ピアノが前面に押し出されており、そこに装飾で、色々な楽器を付けたような楽曲であるMagic Time - My Little Loverや、当アルバムで一番人気があるHello,Again~昔からある場所~ - My Little Lover

など名曲が揃っています。個人的にはMan&Woman - My Little Loverが好きです。


5.呼吸/lily chou-chou

こちらも、3同様、映画の中に、存在する架空のアーティスト(Lily Chou-Chou)の作品をメジャーに出した作品。そして、1で書いたsalyuさんがvo.を務めています。

呼吸 - Lily Chou-Chou

呼吸
UNLIMITED RECORDS
2001-10-17
 
 
共鳴(空虚な石)

共鳴(空虚な石)

  • provided courtesy of iTunes

 

飛べない翼

飛べない翼

  • provided courtesy of iTunes

 

6.稲村ジェーン/サザンオールスターズ こちらは、サザンの桑田さんが初監督として、メガホンを取った映画「稲村ジェーン」の音楽であり、形式的にはサントラに当たる作品ですが、異例のミリオンセラーを記録しています。(出荷枚数は200万枚超え)

 

 

 

 

稲村ジェーン - SOUTHERN ALL STARS and ALL STARS

 言わずと知れたイントロで有名な真夏の果実と、希望の轍

真夏の果実

真夏の果実

  • provided courtesy of iTunes

 

希望の轍

希望の轍

  • 稲村オーケストラ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

特出してすごいのは、track 2(希望の轍)6(真夏の果実)のイントロは小林武史からのものであり、この二曲はライブでは定番になっているらしいです。(親情報)

真夏の果実は完成までに3日かけたそうです。


7.深海/Mr.Children

深海 - Mr.Children

 

シーラカンス

シーラカンス

  • provided courtesy of iTunes

 

名もなき詩

名もなき詩

  • provided courtesy of iTunes

 多分ミスチル史上最高傑作と謳う人が一番多いアルバム。

トラックの構成からずるいアルバム。深海というタイトルを被り、ラストに深海を持ってくるだけで、名盤だなと思えるのに、肝心の曲を聴くと、「ここまで作風に沿って作れる小林武史さんは一体何者」っと思えてくる。もちろん桜井和寿さんの作曲能力も絡んでいますが。因みに1,2は繋がっている系統のやつで、シーラカンスはこれまたryoさんがspcl3rd albumに当たる、ZIGAEXPERIENTIAのNo.525300887039 - supercellという楽曲で、でオマージュというかリスペクトしている。かなり影響を受けていますね。

名もなき詩、これも傑作。名もなき詩 - Mr.Children

 

このアルバムはピンク・フロイドの狂気を踏襲しているように思います。

 これも、

f:id:sai96i:20190626210838j:plain

多分元ネタはこれかな。

sai96i.hateblo.jp

 ここを見ていただければ、何が言いたいかはわかると思います。


8.アンコール/back number

 

 

アンコール - back number

 

ハッピーエンド - back number

クリスマスソング

クリスマスソング

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ハッピーエンド

ハッピーエンド

  • back number
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

back numberは、ここで紹介しているアーティスト中では一番新しいバンドであり、現在も一線で活躍しているバンドです。そんなバンドにも、小林武史さんは関わっています。影の功労者です。

正直な話、この2曲はミスチルなどを聴きまくったせいで、小林武史サウンドのパターンが6割くらい理解してから聞いた曲なのであまり、衝撃というのはなかったですが、90年代に生み出したサウンドを残しつつ、10年代だからこそ作れたであろう音も混じっており、とても楽しめました。


9.bolero/Mr.Children

ここまでクラシック要素を取り入れたアルバムはないでしょ。ラヴェルのboleroを再解釈した構想のprologue。まずこれだけで200点。そして、UKのパブロックを踏襲したサウンドの数々。前作の深海から一転した作品になっているのもポイントが高い。そして、remixのtommorow never knowsを抜けば、ボレロがラストの曲になるわけですが(自分は、remixのtommorow never knowsを先に置いて、最後にボレロという構成でプレイリストを組んでいる。)

ミスチルのアルバムはこれが一番の出来だと思う。一番売れたのはatomic heartですけれど。

クラシック上がりだからこそかける曲「ボレロ」曲自体は、本家元と同じ構成で、だんだんと盛り上がっていく構成なのですが、そこに挟まれる小林節がなんとも言えない味を出しているんですよ。3:15付近の裏メロなんてまさにそれ。そして意外なアウトロー


10.言葉にしたくてできない言葉/桐嶋ノドカ

言葉にしたくてできない言葉を - 桐嶋ノドカ

 

 

邦楽で一斉を風靡した小林武史さんと、ボーカロイド界隈の頂点をとったryoさんとのWプロデュース案件という。自分からしたら、これ以上ないレベルの作曲家たち。

シーラカンスや、終わりなき旅でryoさんに突っ込んだのは、最後にこれを書きたかったっていう。

まぁ本当にいいと思ったからっていうのがまず最初にありますけど。

曲に関してですが、常にニヤニヤしちゃうくらい、この曲は特殊なんですよね。桐嶋ノドカのために、ryoさんが書いた曲を、小林武史さんが編曲した感じが楽曲からにじみ出ていて、もう聴いていて、耳が幸せになること、この上ないです(特にspclが好きな人)。


まだまだ、紹介したいアルバムはありますが、とりあえずこのあたりで。

いつになるかは未定ではありますが、これの小室哲哉ver.も書く予定です。